HOME>自主調査一覧


自主調査

■2014年7月22日 ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査


ネットエイジアリサーチ ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査
“使わないと損だ”と思う旅テクは?
4人に1人が「マイルを特典航空券と交換」を選択
モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社:東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)は、2014年6月19日〜23日の5日間、ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、30歳〜59歳のビジネスパーソン1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。
今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。

INDEX

旅行計画編:この夏の旅行計画 行き先・予算は? 節約旅?それとも贅沢旅?

  • 今年のビジネスパーソンの夏旅、行き先1位は「北海道」
  • 今年の夏旅はどんな旅? 「自分癒しの旅」が5割弱、「お得な旅」が3人に1人、「節約旅」が3割弱

旅行テクニック編:やってみたい旅テク、使わないと損な旅テク、パートナーとの旅でNGな旅テク

  • “やってみたい”旅テク 1位は「ネット割」、2位は「宿のワケありプラン」
  • “使わないと損だ”と思う旅テクは? 4人に1人が「マイルを特典航空券と交換」を選択
  • “パートナーとの旅行ではゴメンだ”と思う旅テク
    30代女性の6割強が「漫喫・ネカフェで一泊」はノー!

特典航空券編:特典航空券が取りやすい航空会社のマイレージプログラムは?オススメの予約法とは?

  • 3人に1人が航空会社のマイレージプログラムを活用する“マイラー”
  • “特典航空券が取りやすい”と評価、JALのマイル交換経験者では3人中2人以上となり、ANAを上回る
  • オススメの特典航空券予約法 1位は「予約開始と同時」、2位は「出発日近くまで残席確認」

回答者属性・調査概要

ネットエイジアリサーチ調査結果

旅行計画編:この夏の旅行計画 行き先・予算は? 節約旅?それとも贅沢旅?

今年のビジネスパーソンの夏旅、行き先1位は「北海道」

30歳〜59歳のビジネスパーソン1,000名(全回答者)に対し、今年の夏、旅行に行く予定があるか聞いたところ、「旅行に行く予定がある」は29.7%、「予定はないが、行きたいと思っている」は42.6%で、合計すると『旅行に行く予定がある・または行きたい』は72.3%となり、「旅行に行くつもりはない」は27.7%だった。

旅行に行く予定がある・または行きたい人723名に対し、行く予定・または行きたい旅行先を聞いたところ、最も多かったのは「北海道」(28.2%)だった。避暑地として、夏でも比較的涼しい北海道が人気なのかもしれない。以下、「関東」(27.9%)、「近畿」(18.1%)、「沖縄」(16.6%)、「九州」(16.0%)が続いた。また、海外の旅行先のうちトップだったのは「ハワイ・グアム・南太平洋(タヒチなど)」(12.3%)で、海外の旅行先では唯一、全体での上位10位以内に入った。

今年の夏旅はどんな旅? 「自分癒しの旅」が5割弱、「お得な旅」が3人に1人、「節約旅」が3割弱

旅行に行く予定がある・または行きたい人723名に、今年の夏の旅行は、一人あたりいくらくらいの予算を考えているか聞いたところ、「2万円〜3万円未満」(17.4%)との回答が最も多く、次いで「4万円〜5万円未満」(15.2%)が続いている。また、「9万円〜10万円未満」(9.5%)、「10万円〜20万円未満」(7.7%)といった金額帯も1割近くとなり、一人あたりの予算の平均額は69,246円だった。

今年の夏の旅行は、どのような旅行になると思うか聞いたところ、「自分癒しの旅」(48.0%)が5割弱でトップとなった。また、「節約旅行」は28.1%で3割弱、「贅沢旅行」は8.9%で1割未満となり、今夏の旅行はお金をあまりかけずに楽しみたいという“節約旅行派”のほうが多くなった。また、「お得な旅」と回答した人は3人に1人(34.0%)となった。

旅行テクニック編:やってみたい旅テク、使わないと損な旅テク、パートナーとの旅でNGな旅テク

“やってみたい”旅テク 1位は「ネット割」、2位は「宿のワケありプラン」

“使わないと損だ”と思う旅テクは? 4人に1人が「マイルを特典航空券と交換」を選択

全回答者(1,000名)に、《“やってみたい”と思う旅テクニック》について聞いたところ、最も多かったのは「切符・航空券でネット割を利用」で4割半(44.9%)、以下、「宿のワケありプランを利用」が3割半(35.2%)、「航空会社のバーゲン・セールを利用」が3割弱(28.4%)、「宿の宿泊モニターになる」(25.0%)が2割半、「切符・航空券は金券ショップで購入」(20.1%)、「旅行のクチコミサイト(トリップアドバイザーなど)を利用」(19.6%)が2割で続いた。
男女別にみると、「航空会社のバーゲン・セールを利用」(男性25.0%、女性36.2%)、「マイルを貯めて特典航空券(無料航空券)と交換」(男性15.5%、女性23.4%)といった航空券に関する項目で、女性は男性に比べて割合が高くなった。

《“使わないと損だ”と思う旅テクニック》では、1位は「切符・航空券でネット割を利用」(48.6%)、2位は「宿のワケありプランを利用」(32.7%)、3位は「航空会社のバーゲン・セールを利用」(29.5%)、4位は「マイルを貯めて特典航空券(無料航空券)と交換」(25.5%)、5位は「宿の宿泊モニターになる」(24.3%)となった。

“パートナーとの旅行ではゴメンだ”と思う旅テク
30代女性の6割強が「漫喫・ネカフェで一泊」はノー!

また、《“パートナー(恋人や配偶者)との旅行ではゴメンだ”と思う旅テクニック》については、宿泊先に関する項目の割合が高く、「マンガ喫茶、ネットカフェで一夜を過ごす」(49.5%)、「個人宅に宿泊する(カウチサーフィンやエア・ビーアンドビーなどを利用)」(41.7%)、「車中泊する」(38.3%)といった、宿泊用の施設ではないところでの宿泊は“ゴメンだ”と思う人が、4割弱から5割ほどみられた。
男女別にみると、「マンガ喫茶、ネットカフェで一夜を過ごす」では男性45.8%、女性57.9%、「車中泊する」では男性35.9%、女性43.8%となり、女性のほうが非宿泊施設での宿泊に抵抗を感じる人が多いことがわかった。
さらに、性年代別にみると、30代女性では「マンガ喫茶、ネットカフェで一夜を過ごす」が6割強(63.4%)となっている。
“今夏の旅行がどのような旅行になると思うか”では節約旅行派のほうが多い結果となっていたが、男性は、パートナーと旅行に行く場合、宿泊費の節約には気を付けた方がよいかもしれない。

特典航空券編:特典航空券が取りやすい航空会社のマイレージプログラムは?オススメの予約法とは?

3人に1人が航空会社のマイレージプログラムを活用する“マイラー”

“使わないと損だ”と思う旅テクとして、4人に1人がマイルを特典航空券と交換する旅テクを挙げていた。それでは、どのくらいの人がマイルを貯めたり、マイルを特典航空券と交換したりしているのだろうか。
全回答者(1,000名)に聞いたところ、いずれかの航空会社でマイルを現在『貯めている』割合は32.2%となり、3人に1人が“マイラー”であることがわかった。
また、いずれかの航空会社でマイルを“特典航空券”(無料航空券)と『交換したことがある』割合は17.0%で6人に1人となった。
マイラーに限ってみると、『交換したことがある』は49.7%と、2人に1人が交換経験者であることがわかった。

“特典航空券が取りやすい”と評価、JALのマイル交換経験者では3人中2人以上となり、ANAを上回る

では、マイルを特典航空券と交換したことがある人は、それぞれの航空会社での特典航空券交換について、どのように評価しているのだろうか。
《特典航空券(無料航空券)が取りやすい(予約しやすい)と思う》は、「JAL」での交換経験者では66.7%、「ANA」での交換経験者では60.0%となった。
また、《特典への交換条件が魅力的だと思う》は、「JAL」での交換経験者では65.6%、「ANA」での交換経験者では61.0%だった。
特典航空券の交換経験者が、特典航空券を取りやすいと思う割合や、交換条件が魅力的だと思う割合は、JALのマイレージプログラムがANAのマイレージプログラムよりも高いことが明らかになった。

オススメの特典航空券予約法 1位は「予約開始と同時」、2位は「出発日近くまで残席確認」

マイルを特典航空券と交換したことがある人170名に、“オススメできる”特典航空券の予約方法を聞いたところ、最も多かったのは「予約スタートと同時に予約を入れる」(41.2%)だった。次いで、「一度取れなかった枠も出発日が近づくまで残席確認する」(38.8%)、「旅行日を特典航空券が予約しやすい時期にする」(28.2%)といったテクニックが上位となった。

回答者属性

調査概要(クローズド調査)

○  調査タイトル  …  ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査
○  調査対象  …  ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする
30〜59歳のビジネスパーソン
○  調査期間  …  2014年6月19日〜2014年6月23日
○  調査方法  …  インターネット調査(モバイルリサーチ)
○  調査地域  …  全国
○  有効回答数  …  1,000名(有効回答から各年代でほぼ均等になるように抽出)
(内訳)30代:333名 40代:334名 50代:333名
○  実施機関  …  ネットエイジア株式会社

本調査に関するお問合せ窓口

ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:乾

TEL:03-3552-8041  FAX:03-3552-8042  E-mail:mobile-press@netasia.co.jp

ネットエイジア株式会社 会社概要

組織名 ネットエイジア株式会社
代表者名 代表取締役 三清 慎一郎
設立 2005年2月
所在地 東京都中央区新川一丁目27番8号 新川大原ビル7階
資本金 3億1,552万円
主な業務内容 モバイルリサーチ事業
URL http://www.mobile-research.jp/

自主調査一覧

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2016

2016/01 リリース

写真館・フォトスタジオに関する調査

2015/10 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2015

2015/7 リリース

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2015

2015/2 リリース

栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査2014

2014/9 リリース

大学選びに関する調査2014

2014/7 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査

2014/7 リリース

テレビとソーシャルメディアの関係性

2013/4 リリース

1都3県在住者の東日本大震災時の行動とふりかえり

2013/3 リリース

ブロガー・SNS利用者の「対人距離感」

2011/11 リリース

国際平和に関する調査2011

2011/8 リリース

25歳以下における「結婚願望・将来の結婚相手選び」の意識調査

2011/8 リリース

NHK大河ドラマ『平清盛』に関する意識調査

2011/7 リリース

25歳以下における「シャンプー選び」の実態調査

2011/7 リリース


自主調査一覧を全件表示