HOME>自主調査一覧


自主調査

【NEW!】「モバイルトレンドマガジン」  〜マーケッター、リサーチャーのためのメールマガジン〜
この情報がビジネスを成功させるヒント。モバイルマーケティング、モバイルリサーチのヒント満載。

■2009年11月16日 「大学選び」についての調査〜その大学を選んだ理由「学びたい学部・学科があるから」80.5%〜〜マス媒体が情報入手先という学生は「知名度が大学選択の理由」34.2%〜

ネットエイジアリサーチ
「大学選び」についての調査
〜その大学を選んだ理由「学びたい学部・学科があるから」80.5%〜
〜マス媒体が情報入手先という学生は「知名度が大学選択の理由」34.2%〜

 モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「大学選び」についてのアンケートをモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、現在、高校生・浪人生で大学・短期大学への進学を希望し、大学・短期大学の情報を収集したことがある「高校生・浪人生」530名と、現在、大学・短期大学に通っている「大学生」690名の携帯電話ユーザーの回答を集計いたしました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。


ネットエイジアリサーチ調査結果>
◆ その大学を選んだ理由は? 「学びたい学部・学科があるから」80.5%
 第一志望の大学・短大(現在通っている大学・短大)を選んだ理由を複数回答形式で聞いたところ、最も多かったのは「学びたい学部・学科があるから」で80.5%であった。以下「就きたい職業に必要な資格を取るため」が39.8%、「偏差値や学力が相応だったため」が30.9%、「就職などに有利そうだから」が29.3%と続く。性別立場別で比較すると、男子高校生・浪人生で「偏差値や学力が相応だったため」の項目が全体よりも7.4ポイント低い23.5%であったのに対し、「知名度に魅かれたため」の項目は全体よりも6.1ポイント高い19.6%であった。

◆ 「マス媒体が情報入手先」という学生は「知名度が大学選択の理由」34.2%
 第一志望の大学・短大(現在通っている大学・短大)を選んだ理由を、大学・短大の情報入手先別で比較すると、「車両広告や新聞・雑誌などのマス媒体」を入手先と答えた回答者は、「知名度に魅かれたため」が34.2%で全体よりも20.7ポイント高いのをはじめ、「ブランドに魅かれたため」「インターネット、テレビ、新聞等のニュースや雑誌の記事でたまたま見て学校名を知ったから」などの項目において、全体よりも10ポイント以上高いという結果になった。

◆ 講義を受けてみたい有名人1位「島田紳助さん」
 あなたが講義を受けてみたい有名人・著名人を自由回答形式で聞いたところ(有効回答数:675)、最も多かったのは「島田紳助さん」で8.6%であった。おバカタレントブームの仕掛け人として、また様々な番組で司会を務め、出演タレントをまとめる「マネジメント力」を学びたいなどと考えている学生が多いのではないだろうか。次いで多かったのは、脳科学者でテレビでも活躍している「茂木健一郎博士」で4.4%、以下、東京芸術大学大学院映像研究科の教授でもある「北野武さん」で4.0%と続く。

◆ 一緒に講義を受けたいのは「櫻井翔さん」
 一緒に大学の講義を受けたい有名人を自由回答形式で聞いたところ(有効回答数:500)、最も多かったのは「櫻井翔さん(嵐)」で4.4%であった。以下「ベッキーさん」が3.4%、「佐藤健さん」が3.0%、「上地雄輔さん」が2.8%、「岡田将生さん」「三浦春馬さん」「新垣結衣さん」が2.0%と続く結果となった。

◆ 女子高校生・浪人生、「受験情報誌」よりも「大学の携帯サイト」
 現在、高校生・浪人生で大学・短期大学(以下「短大」)への進学を希望していて、大学・短大の情報を収集したことがある回答者(以下「高校生・浪人生」)と、現在大学・短期大学に通っている回答者(以下「大学生」)に、大学・短大の情報をどのような方法で収集しているか(収集したか)を複数回答形式で聞いたところ、最も多かったのは「オープンキャンパスや学園祭などを見に行った」で65.7%であった。以下、「パソコンで志望校のPCサイトから」が64.7%、「高校の進路相談」が51.4%、「受験情報誌」が34.8%、「ケータイで志望校の携帯サイト」が26.8%と続く。性別・立場別で比較すると「ケータイで志望校の携帯サイト」の項目で、男子大学生は15.6%で全体よりも11.2ポイント低かったのに対し、女子高校生・浪人生は38.2%で全体よりも11.4ポイント高く、「受験情報誌」の34.5%よりも高いという結果になった。

◆ 志望校の携帯サイト訪問、43.0%
 第一志望の大学・短大(現在通っている大学・短大)の携帯サイトを見たことがあるかどうかを単一回答形式で聞いたところ、全体では4割以上の43.0%の回答者が「見た」と答えた。
 そこで大学・短大の携帯サイトを見たことがある524名に、どのような目的で携帯サイトに訪れたかを複数回答形式で聞いたところ、「学部・学科の案内を見るため」が全体で74.0%であった。以下、「オープンキャンパスなどの案内や申し込みのため」が52.3%、「地図やアクセス方法を調べるため」が39.1%、「入試日を調べるため」が38.4%と続く。
 また、どのような経路で大学の携帯サイトを訪れたかを複数回答形式で聞いたところ、最も多かったのは「Googleなどの検索サイトから」で、68.1%の回答者がそのように答えている。次に多かったのは「進学ナビなどの受験情報サイトから」が40.1%で、以下「第一志望の学校のPCサイトに掲載しているURLを入力して」が25.6%、「第一志望の学校のPCサイトに掲載しているQRコードから」が13.7%と続く。

◆ 大学の携帯サイトを見て男子高校生・浪人生の72.1%が「イメージが良くなった」
 大学・短大の携帯サイトを見たことがある524名に、携帯サイトを見てその学校のイメージが変わったかを単一回答形式で聞いたところ、半数以上である50.8%の人が「良くなった(計)」と回答した(「良くなった」27.1%、「少し良くなった」23.7%の合計)。また立場別で比較すると、高校生・浪人生の6割以上(61.2%)が「良くなった(計)」と答えた。特に男子高校生・浪人生のイメージ変化が著しく、全体よりも21.3ポイント高い72.1%の回答者が「良くなった(計)」と答えた。
また、携帯サイトが役に立ったか、を単一回答形式で聞いたところ、全体では78.3%の回答者が「役立った(計)」と答えた(「非常に役立った」31.5%と「やや役立った」46.8%の合計)。特に高校生・浪人生の87.2%が「役立った(計)」と答え、高校生・浪人生にとって大学・短大の携帯サイトは必要不可欠のものになっているようだ。

◆ 将来の不安「社会」よりも「自分」、女子大学生は就職が不安9割超
 回答者全員に「あなたが思う将来の不安」を複数回答形式で聞いたところ、最も多かったのは「自分の就職について」が88.4%であった。以下、「自分の経済的な問題」が59.0%、「日本の景気の動向」が47.4%、「人間関係について」が47.0%と続く。特に「自分の就職について」の項目は、女子大学生の9割超の回答者が不安であると答えた(91.7%)。また、「日本の景気動向」の項目についても女子大学生は53.7%と全体よりも6.3ポイント高かった。多くの「就職難に関する報道」を受けてか、学生にとっては不安材料が増しているものと思われる。




□ 調査概要(クローズド調査)
○ 調査対象・・・大学・短大への進学希望者で大学・短大に関する情報収集をしている「高校生・浪人生」と、 現在、大学・短期大学に通っている「大学生」
○ 調査地域・・・全国
○ 調査期間・・・11月7日〜11月9日
○ 回答サンプル数・・・1,220名
 (回答者キャリア内訳:NTTドコモ49.3 %、au 37.9%、ソフトバンク12.9%)
○ 調査方法・・・モバイルリサーチ(3キャリア)

□ 調査内容
  • なぜ、第一志望の(現在通っている)大学・短大を選んだのですか?・大学(短期大学)の情報をどのような方法で収集しましたか?
  • 講義を受けてみたいと思う、著名人・有名人はいますか?
  • では一緒に講義・授業を受けたい、著名人・有名人はいますか?
  • 受験しようと思っている(受験した)、第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを見たことがありますか?
  • どのような目的で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを訪れましたか?
  • どのような方法で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトにアクセスしましたか?
  • 第一志望校(現在通っている学校)の大学・短大の携帯サイトを見て、その学校のイメージは変わりましたか?
  • 第一志望校(現在通っている学校)の大学・短大の携帯サイトは役立ちましたか?
  • なぜ第一志望校(現在通っている学校)の携帯サイトを見なかったのですか? 
  • 第一志望校(現在通っている学校)の携帯サイトが無いことで、その学校のイメージは変わりましたか?
  • 第一志望校(現在通っている学校)の携帯サイトが無いことで、不便さを感じたことがありますか?
  • あなたが思う将来の不安は何ですか?


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:山名(ヤマナ)
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3552-8041   Fax: 03-3552-8042  email: mobile-press@netasia.co.jp

マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/investigation/mail_magazin.html


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】ネットエイジア株式会社
【所在地】東京都中央区新川一丁目27番8号 新川大原ビル7階
【代表者】代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】2005年2月
【資本金】3億872万円
【事業内容】モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋


◆ なぜ、第一志望の(現在通っている)大学・短大を選んだのですか。
 【複数回答形式】

なぜ、第一志望の(現在通っている)大学・短大を選んだのですか。


◆ [情報入手先別分析]なぜ、第一志望の(現在通っている)大学・短大を選んだのですか。
 【複数回答形式】

[情報入手先別分析]なぜ、第一志望の(現在通っている)大学・短大を選んだのですか。


◆ 講義を受けてみたいと思う、著名人・有名人はいますか。
 【自由回答形式】

講義を受けてみたいと思う、著名人・有名人はいますか。


◆ では一緒に講義・授業を受けたい、著名人・有名人はいますか。
 【自由回答形式】

では一緒に講義・授業を受けたい、著名人・有名人はいますか。


◆ 大学(短期大学)の情報をどのような方法で収集しましたか。
 【複数回答形式】

大学(短期大学)の情報をどのような方法で収集しましたか。


◆ 受験しようと思っている(受験した)、第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを見たことがありますか。
 【単一回答形式】

受験しようと思っている(受験した)、第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを見たことがありますか。


◆ どのような目的で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを訪れましたか。
 【複数回答形式】

どのような目的で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトを訪れましたか。


◆ どのような方法で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトにアクセスしましたか。
 【複数回答形式】

どのような方法で第一志望の(現在通っている)大学・短大の携帯サイトにアクセスしましたか。


◆ 第一志望校(現在通っている学校)の携帯サイトを見て、その学校のイメージは変わりましたか。
 【単一回答形式】

第一志望校(現在通っている学校)の携帯サイトを見て、その学校のイメージは変わりましたか。


◆ 第一志望校(現在通っている学校)の大学・短大の携帯サイトは役立ちましたか。
 【単一回答形式】

第一志望校(現在通っている学校)の大学・短大の携帯サイトは役立ちましたか。


◆ あなたが思う将来の不安は何ですか。
 【複数回答形式】

あなたが思う将来の不安は何ですか。



自主調査一覧

大学選びに関する調査2014

2014/7 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査

2014/7 リリース

テレビとソーシャルメディアの関係性

2013/4 リリース

1都3県在住者の東日本大震災時の行動とふりかえり

2013/3 リリース

ブロガー・SNS利用者の「対人距離感」

2011/11 リリース

国際平和に関する調査2011

2011/8 リリース

25歳以下における「結婚願望・将来の結婚相手選び」の意識調査

2011/8 リリース

NHK大河ドラマ『平清盛』に関する意識調査

2011/7 リリース

25歳以下における「シャンプー選び」の実態調査

2011/7 リリース

ボランティア休暇に関する調査

2011/7 リリース

ペットボトル入りお茶飲料に関する調査

2011/7 リリース

オレンジリボンに関する調査2011

2011/7 リリース

大学入試に関する調査

2011/6 リリース

アルバイト求人サイトランキング

2011/5 リリース

小中学生の携帯電話所有に関する調査

2011/5 リリース

携帯小説に関する調査

2011/4 リリース

ブロガーが見た「ツイッター」「フェイスブック」

2011/2 リリース

ケータイレシピ検索サイトに関する調査2011

2011/2 リリース

インターネットショッピングに関する調査

2011/2 リリース

ケータイリサイクルに関する調査

2011/2 リリース

ネットPRによる消費者行動への影響に関する調査

2011/1 リリース

女性スモーカーの実態調査

2011/1 リリース

住宅ローン選びについての調査

2010/12 リリース

改正貸金業法についての調査

2010/11 リリース

ケータイ占いサイトとパワースポット巡りについての調査

2010/10 リリース

大学選びについての調査2010

2010/9 リリース

ビジネスパーソンの「iPad」に関する調査

2010/9 リリース

国際平和に関する調査2010

2010/8 リリース

3Dコンテンツと3Dケータイについての調査

2010/7 リリース

「戦略PR」についての意識調査

2010/7 リリース

「SIMロック解除」についての調査

2010/6 リリース

オレンジリボンについての調査

2010/6 リリース

SNSサイトの利用実態調査

2010/5 リリース

「ケータイ恋愛ゲーム」についての調査

2010/4 リリース

「プリウス」と「インサイト」についての意識調査

2010/4 リリース

「おひとりさま」についての調査

2010/2 リリース

電車内広告の広告効果に関する実態調査(2)

2010/1 リリース

「立ちコミ」に関する調査

2009/12 リリース

電車内広告の広告効果に関する実態調査

2009/12 リリース

「大学選び」についての調査

2009/11 リリース

坂本龍馬についての調査

2009/11 リリース

主婦のケータイサイト利用実態調査

2009/10 リリース

東京五輪招致に関する調査

2009/10 リリース

モバイルレシピ検索サイトに関する調査

2009/09 リリース

国際平和に関する調査

2009/08 リリース

高校野球に関する調査(高校生調査)

2009/08 リリース

地方分権に関する調査

2009/08 リリース

洗濯洗剤に関する調査

2009/07 リリース

ブログに関する調査

2009/07 リリース

ゼロカロリー炭酸飲料に関する調査

2009/07 リリース

ケータイメーカーに関する調査(2)(ケータイ端末イメージ・ケータイメーカーイメージについて)

2009/06 リリース

QRコードについての意識調査

2009/06 リリース

ケータイメーカーに関する調査(1)(ケータイ端末の満足度について)

2009/06 リリース

「太宰治」に関する調査(太宰治生誕100周年記念調査)

2009/06 リリース

ワンセグについての意識調査

2009/06 リリース

モバイルのEコマースについての意識調査

2009/06 リリース

モバイルとパソコンのネット利用に関する調査

2009/06 リリース

モバイル「4大メジャーメディア」調査

2009/06 リリース

デコメについての意識調査

2009/06 リリース

「Wiiユーザー」と「PS3ユーザー」についての意識調査

2009/05 リリース

中古ケータイに関する調査

2009/04 リリース

学習に関する調査

2009/03 リリース

「プリウス」と「インサイト」についての意識調査

2009/03 リリース

ワークシェアリングに関する調査

2009/02 リリース

「世相」に関する大学生の意識調査

2008/12 リリース

「世相」に関する高校生の意識調査

2008/12 リリース

小中学生と保護者の「ケータイ依存」に関する調査(大阪府)

2008/12 リリース

「小中学生のケータイ所有」に関する保護者の意識調査(大阪府)

2008/12 リリース

学園祭に関する調査

2008/11 リリース

「レッドクリフ Part I」&「ブタがいた教室」に関する調査

2008/11 リリース

「篤姫」と鹿児島県に関する調査

2008/11 リリース

「ケータイワンセグのオリンピック視聴」に関する実態調査

2008/11 リリース

裁判員制度に関する調査

2008/10 リリース

ビールに関する調査

2008/10 リリース

ピンクリボンに関する調査

2008/10 リリース

携帯電話ゲームに関する調査

2008/10 リリース

高校生の意識調査

2008/10 リリース

ノーベル賞に関する調査

2008/10 リリース

ケータイのデザインについての調査-2

2008/10 リリース

東京ゲームショウ2008についての調査

2008/10 リリース

ケータイのデザインについての調査-1

2008/10 リリース

着信音(着メロ・着うた(R))に関する調査

2008/09 リリース

待ち受け画像に関する調査

2008/09 リリース

ケータイの利用コンテンツに関する実態調査

2008/08 リリース

プロ野球選手の引退に関する調査

2008/08 リリース

ケータイ所有に関する実態調査

2008/08 リリース

外出時のケータイ充電に関する実態調査

2008/08 リリース

ケータイクーポン利用実態調査

2008/08 リリース

ケータイ依存度調査

2008/07 リリース

ケータイリサイクル実態調査

2008/07 リリース

<崖の上のポニョ>に関する調査

2008/07 リリース

BlackBerry(ブラックベリー)&iPhone(アイフォーン)に関する調査

2008/07 リリース

iPhone(アイフォーン)に関する調査

2008/07 リリース

食品価格上昇による生活者意識と消費変化

2008/07 リリース

10代に聞く父の日調査

2008/06 リリース

お菓子の嗜好に関する調査

2008/05 リリース

コーヒーの飲用と嗜好についての調査

2008/05 リリース

ケータイの動画コンテンツ視聴に関する調査

2008/05 リリース

ケータイタレントイメージランキング調査2008年前期版発表

2008/05 リリース

10代に聞く母の日調査

2008/05 リリース

ケータイ小説についての調査

2008/05 リリース

ケータイニュースサイト利用実態調査

2008/04 リリース

ビジネスマンの転職実態調査

2008/04 リリース

ビジネスにおけるケータイ利用実態調査

2008/04 リリース

テレビゲーム機に関する実態調査

2008/04 リリース

携帯型ゲーム機に関する実態調査

2008/04 リリース

アルバイトに関する実態調査

2008/04 リリース

ディズニー・モバイルに関する意識調査

2008/03 リリース

モバイル検索利用調査

2008/03 リリース

QRコードに関する利用実態調査

2008/03 リリース

アルバイト求人サイトランキング

2008/02 リリース

派遣求人サイトランキング

2008/02 リリース

18歳成人に関する意識調査

2008/02 リリース

携帯電話フィルタリングサービス調査結果

2008/02 リリース

ケータイメーカーイメージ調査

2008/02 リリース

ケータイキャリアイメージ調査

2008/02 リリース

ケータイコンテンツ利用実態調査

2008/01 リリース

ケータイとライフスタイル

2008/01 リリース

ケータイ利用実態調査

2008/01 リリース

若年層における飲食スタイル及び食品のニーズに関する調査

2007/12 リリース

おサイフケータイの利用とニーズ調査

2007/12 リリース

ウィキペディアに関する調査

2007/12 リリース

学校裏サイトに関する調査

2007/12 リリース

恋人のケータイチェック経験調査

2007/12 リリース

高校生が望む次の首相は?

2007/12 リリース

クリスマス、高校生はどう過ごす?

2007/12 リリース

紅白歌合戦に対する高校生意識調査

2007/12 リリース

高校生のケータイ利用実態調査結果

2007/11 リリース

高校生とケータイとの関わり方についての調査結果

2007/11 リリース

10代・20代のケータイゲーム利用に関する最新動向調査

2007/11 リリース

ケータイクーポンの利用に関する調査結果

2007/11 リリース

外出時のケータイ充電に関する調査結果

2007/11 リリース

口臭エチケットについての調査

2007/11 リリース

若手ビジネスマンの転職実態調査2007

2007/11 リリース

ケータイ電子書籍についての調査

2007/10 リリース

タレントのケータイイメージランキング2007

2007/10 リリース

ケータイメーカーイメージ調査

2007/09 リリース

ケータイキャリアイメージ調査

2007/08 リリース

「花粉症緩和米」についてのニーズ調査

2007/08 リリース

通勤通学者に対する自主調査

2007/06 リリース

求人サイト利用についての自主調査

2007/05 リリース

10代女性のモバイル検索についての自主調査

2007/04 リリース


新着メールお知らせ登録

今後新しい調査のリリース時に、メールにてお知らせするサービスを実施しております。おさしつかえなければ、下記よりメールアドレスをご登録ください。

お申込みはこちらから